2011年06月09日

1929年(昭和4年)「春の唄」

春の唄(1929年:昭和4年 第4回「春のおどり」主題歌)

1929年「春の歌」.jpg1929年「春の歌」数字符.jpg


春の唄(昭和4年版).mid

湯浅久雄/作歌、塩尻精八/作曲、松尾金五郎/編曲



一、春が来た来た どれどれどこに
  そこの道ばた 花におう
  口笛吹こうよ 春呼ぼう
  口紅かおる 都の真昼
  プランタン!プランタン! 
  プランタン!プランタン! 
  花ひらく

二、浮気なメロディに ついきてみれば
  恋せよ乙女の サキソホン
  リキュール酒の 酔いごこち
  カフェの灯がつく 都の夕べ
  プランタン!プランタン! 
  プランタン!プランタン! 
  夕ひらく

三、うつらうつらと 人恋まさる
  タクシーの行列 ダイヤの灯
  空には夢見る おぼろ月
  花ふる雨ふる 都の夜更け
  プランタン!プランタン! 
  プランタン!プランタン! 
  夜とざす
           ☆(原型は旧仮名づかい)

この歌のことについては本館の2008年9月8日の記事をご参照ください。

posted by ちどり at 23:05| Comment(0) | 戦前OSK(OSSK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。