2010年06月13日

ビロードの夢(65周年記念カセット:1987年版)

OSK日本歌劇団「秋のおどり」主題歌ビロードの夢(65周年記念カセット:1987年版)

(藤浦洸作詞 服部良一作曲)



ビロードの乙女の胸 コバルト色の夢が
揺れているスイングして 秋の歌アラベスク
光のテープや 落ち葉の千代紙
その中で歌いましょう 秋のメロディ

ベランダでケープを振り 迎える愛のひざし
手を広げ心を開け 抱き寄せて踊りましょう
光のテープや 落ち葉の千代紙
その中で踊りましょう 秋のリズム

OSKの「秋のおどり」のテーマ曲です。作られたのは1949年(昭和24年)、10月に国際劇場で、11月に大阪劇場で行われた東西合同公演(OSKとSKDの合同公演)の時です。この後、この規模の合同公演は行われていません。

SKDではその後この曲が使われた気配はありませんが、OSKではしばらく「秋のおどり」のテーマ曲として、またメロディだけ借用して歌詞を変え、あやめ池の「春のおどり」のテーマ曲として使われたこともあったようです。

ただそれがどれだけ継続していたかは不明で、長くとも数年あったかなかったか。少なくとも「春あやめのテーマ」で使われたのは1回だけではなかったかと推測しているのですが・・・。(情報あったら教えてください)

いったん歌われなくなっていた「ビロードの夢」は80年代あたりにふたたびあやめ池の「秋のおどり」のテーマ曲として復活したようです。近鉄時代、フィナーレ曲として最後に歌われたのは1989年あやめ池秋季公演「100万回生きたねこ」でした。

2009年武生公演
「ファシネーション」では20年ぶりに復活しています。

ところでこのアレンジは・・・。これについても
ここ
で語っていますが・・・ちょっと特殊ですね。これは公演には使われていなかったと思います。「秋」というより80年代のハワイのけだるい夕暮れを思い出す、ぽわわんな仕上がりで、「元気!気合い!体育会!」な芸風のOSKとしては、なかなかレアものだと思います。
posted by ちどり at 11:23| Comment(1) | 近鉄時代のOSK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに。ハワイというか・・・・
箕面温泉スパーガーデンの食堂とか似合いそうですね。
ほわほわ〜とするような中でウクレレが似合いそうです。

一昨年、武生で聞いたのとは、まったく違いますね。
Posted by Mr.チョコレート at 2011年04月28日 12:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。