2010年06月07日

ビバ!OSK(65周年記念カセット:1987年版) ビバ!OSK(65周年記念カセット:1987年版)


65周年記念テープ2.jpg

OSK日本歌劇団 団歌 ビバ!OSK(65周年記念カセット:1987年版)



あなたの為に ささげましょう
あなたの為に 愛の花束を
素晴らしい愛を叫んでいこう
あなただけのために
輝く光り 抱きしめ行こう
夢あふれた広場
ビバ!OSK ラララOSK
ビバ!OSK ラララOSK
ラララ・ラーララ ラーララ ラーOSK

このカセット添付の歌詞カードに記載はないが、2003年発行のCD「Let's sing OSK!」の歌詞カードには「ビバ!OSK」の作詞は横沢英雄、作曲は中川昌とある。

この「ビバ!OSK」はアレンジがちょっとやさしげで、かなりイメージが違う。

近鉄時代、「ビバ!OSK」というのは「桜咲く国」(春のおどりのテーマ曲)や「ビロードの夢」(秋のおどりのテーマ曲)が使えない夏公演や、地方公演で使われたフィナーレ曲で、和倉、武生をはじめ博覧会やイベントではたいていこの曲が使われていたように思う(…って90年代後半以降は知りませんけど)。

通常のアレンジは勢いのあるマーチ調というのか、とにかく元気な曲調で、若手中心の夏公演や、ろくな設備のないイベント会場でのある意味トホホなシチュエーション(いやそんなトホホなシチュエーションでもめいっぱい力を尽くしているのがOSK魂なんですが)を吹き飛ばしてくれたものなのですが・・・。

このアレンジはあまり耳にしたことがありません。

これに関しても母屋「ちどりん日記」の2008年2月25日の記事で書いております。
posted by ちどり at 23:02| Comment(2) | 近鉄時代のOSK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UP、ありがとうございます。

これ、いいアレンジですね。
なんかこう、80年代POPS風味で。

私はNew以降のファンなので、この曲は、
いつもの、アレ
しか聴いたことがなかったので、
すっごく新鮮です。
娘役さん達の歌える人ばっかり集められて
それも少人数で収録されたように聴こえてきます。
Posted by ともきち at 2010年06月08日 08:53
>ともきちさん。これを貸してくれた友人によると、発行当時もこういうのは聞いたことなかったそうで、多分このカセット収録のためだけのアレンジじゃないかということです。それより、このカセット、売れたのかなあ。結構なお値段したんじゃないかな。「後援会に入っていれば観劇料ただ」の時代だから、どうなんだろう。昔の売れ行き心配したってしょうがないんですけどね。
Posted by ちどり at 2010年06月12日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。