2010年02月28日

日本歌劇団団歌「花の馬車に乗って」

瞳英子.jpg真弓田香代.jpg

1965年(昭和40年)3.12〜4.24第40回「春のおどり」より

日本歌劇団団歌
「花の馬車に乗って」(横沢秀雄作詞・倉田志朗作曲)

唄 瞳英子、真弓田香代 合唱:日本歌劇団



花の乙女はみんな 若い希望はこぼう
輝く栄光の明日のために

花の馬車に乗って 若い夢をはこぼう
美し花園に行くこの道を
はるか遠い道を行こう 君とともに歌いつつ
ラ ラ ラン ラララ  ラ ラ ラン ラララ
行こう声たからかに
われらしあわせの 花のメッセンジャー
NKDわれらNKD

花の翼に乗って 若い唄をはこぼう
虹のメロディが呼んでいるあの空を
はるか遠き空を飛ぼう 君とともに歌いつつ
ラ ラ ラン ラララ  ラ ラ ラン ラララ
飛ぼう声たからかに
われらしあわせの 花のメッセンジャー
NKDわれらNKD

(写真左:瞳英子…第40回「春のおどり」1965年、右:真弓田香代…「秋のおどり−すばらしき日本」1966年公演パンフレット表紙より)

これは多分、日本歌劇団=NKD時代のテーマソング。1965年(昭和40年)第40回「春のおどり」の公演パンフレットに挟み込まれていたもの。第40回を記念に作られたのだろう。ソノシートのゆがみが原因で針飛びするので、1番しかアップできなかった。

戦前のすさまじい軍国主義ソングにかなり胸焼けしたので、こういうレアなものを「お口直し」にお届けしました。
【関連する記事】
posted by ちどり at 23:08| Comment(0) | 日本歌劇団(1963-70) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。