2010年02月16日

キューピットの歌

伊澤蘭子.jpg

1938年(昭和13年)1月公演 コメディ「天国太平記」より

「キューピッドの歌」
(河合信雄作詞・仁木他喜雄編曲)

唄:伊澤蘭子 合唱:松竹少女歌劇団声楽専科生
伴奏:コロムビア・オーケストラ

  いつの世でも 恋する人になくてならない僕
  二人をまとめるにゃ この腕O.K.

(繰り返し)
  時についこの頃 とても註文がない
  どうも皆さん方 この僕に無断で
  二人仲よくランデヴー
  これぢゃ僕、キューピット
  失業して暇ばかり増えちゃふよ


(科白)
  「恋に悩んでゐるひとはありませんか」


  だけど近頃では とても役に立たない
  それもその筈だよ
  僕なんかなくても 二人仲よくアイン・パール
  これぢゃ僕、キューピット
  失業して暇ばかり増えちゃふよ


(写真:伊澤蘭子)

  



posted by ちどり at 20:39| Comment(0) | 戦前東京松竹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。