2010年02月16日

別れのうた

祖国 オリエ.jpg
1937年(昭和12年)松竹少女歌劇(SSK)9月公演「グランドレビュー 祖国」より
「別れのうた」
(塚本俊夫作詞・仁木他喜雄編曲)

 唄:オリエ津阪 合唱:松竹少女歌劇団声楽専科生
伴奏:コロムビア・オーケストラ

甘き香り漂ふ 花の木の間に
君と語りし思ひ出を 過ぎし夢とあきらめ
涙秘めて ほほえむせつなさ
心の泉は 清く深ければ
尽きぬ名残湧き出でて・・・

月の淡き光りに 愛とまことを
君と語りし故郷の 山は遠くかすみて
別れのうたに うるむ瞳よ
いつの日か再び 花の咲く丘に
君と語らん 時を待ち・・・


(写真:オリエ津阪)
posted by ちどり at 00:19| Comment(2) | 戦前東京松竹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 音楽部屋の開設、有り難うございます。 中々耳にする事が出来ない、戦前の音楽が聴けて、嬉しく思いました! 
 オリエさんがこんな女性的な綺麗な声をなさっていたなんて・・・!
水の江さんの歌は何かで聞いた事がありましたが、余り頂けない思いでしたが、「祖国の旗の下に」は良かったとおもいます。歌詞はともかく、聴いていて楽しくなる音楽ですね。
 次に何を聴かせて頂けるか、楽しみです!
Posted by kuko at 2010年02月16日 09:12
>kukoさん。こちらまでコメントありがとうございます。
まずここで紹介しているもののうち、発行後50年以上たっているものからアップしていこうと思っています。
http://blog.livedoor.jp/chidori527/archives/51362163.html

そのあと、いろいろと・・ごにょごにょ・・アップしていこうかな、と。

陽性ですよね、メロディラインが。「タンゴ・ローザ」も短調のタンゴなんですが、憂いを秘めているというより、何だかドライなんですよね。
Posted by ちどり at 2010年02月16日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。